鳥取県にあります《境港流通プラットホーム協議会》は、境港において物流環境改善・商流拡大の促進をはじめ、中海・宍道湖・大山圏域の産業競争力の強化に努めています。

qrcode.png
http://sakai-port-platform.com/
モバイルサイトにアクセス!
境港流通プラットホーム協議会
〒684-0004
鳥取県境港市大正町215
みなとさかい交流館(3F)
TEL.0859-42-3705
FAX.0859-42-3735
005452
 

第1回境港流通プラットホーム協議会

  • ホーム  > 
  • 第1回境港流通プラットホーム協議会
   
平成27年度 第1回境港流通プラットホーム協議会
 
 概要はこちら⇒⇒ 概要 
 
 
1.日時:平成27年7月11日(土)14:30~16:45
 
2:場所:夢みなとタワー
 
3.出席者:別紙出席者名簿のとおり
 
4.開会挨拶
  (主催者代表)
   平井伸治 鳥取県知事(境港港湾管理者)
 
  (来賓)
   赤澤亮正 内閣府副大臣
   舞立昇治 参議院議員
 
5.議事
 <第Ⅰ部>
  (1)境港流通プラットホーム協議会の設置趣旨について
  (2)「境港流通プラットホーム協議会」設置要綱(案)
  (3)会長、副会長の選出
  (4)境港における港湾機能強化の取組について
     ・北東アジアゲートウェイ~境港の取組~
     ・境港におけるプロジェクトについて
  (5)境港流通プラットホーム協議会の今後の進め方について
  (6)その他
 
 <第Ⅱ部>
 基調講演
  「北海道国際輸送プラットホームの取り組みについて」
   講師 札幌大学 大学院経営学研究科
    教授 千葉 博正氏(北海道国際輸送プラットホーム推進協議会会長)
 
6.議事概要
  ・会長に堀田境港商工会議所会頭、副会長に松江、米子、出雲、平田、安来の各商工会議所会頭が選出された。
  ・協議会の設置主旨と設置要綱を承認、今後の進め方として日本海側国内海上輸送のミッシングリンクの解消、国際コンテナ航路・環日本海定期 客船の利用促進、物流サービス・輸送システム改善をテーマに、3分科会を設置し、本年度は国内物流分科会を中心に国内RORO船の定期化に重点的に取組む ことなどが承認された。
<<境港流通プラットホーム協議会>> 〒684-0004 鳥取県境港市大正町215 みなとさかい交流館(3F) TEL:0859-42-3705 FAX:0859-42-3735